2017年07月25日

洋服の断捨離は、高校生の数学とコラボすればスッキリまとまる

フランス人は10着しか服を持たない

フランス人は10着しか服を持たない.jpeg

という本があるのだけど、タイトルだけを読んだら、ちょっとビックリするけど、内容は確かに面白い

で、これを数学的にも考えてみるとホントにそれくらいでも

おしゃれは楽しめる

ってことがわかるんだよね

高校時代に習った

組み合わせ

が分かると、

タンスの肥やしが格段に減る

ってことになって、もっと服を買う時の楽しみ方が変わってくるからだ(笑)

今回は、夏休み期間中ということもあって、40代の大人世代の中には、高校生のお子さんをお持ちの方もいらっしゃると思うので、

親子でファッションを楽しみながら、
ついでに数学の組み合わせも楽しめちゃう

そんなお話です

数学

って苦手意識を持つ人が多いモノ

組み合わせ

なんかもその1つ…

僕も高校時代は文系のクラスだったけど、美容の世界に入ったら、実は理系ジャンルなお仕事だったことが分かった時にはもっと理系を学んでおけばと後悔したことがあったのだよね…苦笑

ザックリ言うと、組み合わせって言うのは、それぞれ違うn個の中から、r個を選ぶというもの

式にすると

C

ってすでにチンプンカンプン…

これが、オシャレとどうつながるかって話だから、詳細については下記サイトを参考にしてください(笑)
http://www24.atpages.jp/venvenkazuya/mathA/outcomes3.php

で、実際に数学的にオシャレを考えてみたのだけど

フランス人は10着しか服を持たない

に照らし合わせてみると

仮に、3着のパンツや、スカートだとして、上着は7着

で、7着の上着を毎日2着は重ね着するとしたらその組み合わせは

(7×6)÷(2×1)=21通り

それに3着のパンツやスカートも併せるから

21×3=63通り

となって、10着あれば、2か月は毎日違う組み合わせで服を着こなせるというわけ

服の数が多くなるほど、当然その組み合わせは多くなるわけで、上着20着、パンツやスカートを10着の合計30着を持っているとしたら、

(20×19)÷(2×1)×10=1900

もはや、ワンシーズンどころの話じゃなくて、すべて違う着こなしを愉しむためには、

5年以上

はかかるというわけ
こうなったら、トレンドを云々言ってる間に追いつかなくなってしまう

コーディネーターとか、そういう仕事であれば、それだけ提案する引き出しを持てるということだけど、僕たちが普通の生活の中で洋服を上手く着こなすには

30着って実は多すぎる

ってことがこれで分かると思う

日本の場合は四季があるから、単純にワンシーズン3か月の間、毎日違う着こなしを愉しもうとしたら、

90スタイルくらいになればいい

ということで、

トップスで7〜9着、
ボトムスや、スカートで3〜4着

あれば、ワンシーズンは毎日違うコーディネートで楽しめるというわけ

冬になれば、重ねるトップスというのは増えるだろうけど、こうして考えたらワンシーズンに自分が毎日違うコーディネートを愉しむための最低限必要な数っていうのが分かるようになるよね

ちなみに、大人は基礎から学びなおすのがめんどくさいと思うので、手っ取り早く計算してくれるサイトを紹介しておきます(笑)
http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228812

上段に持ってる服の数、下段に重ね着する服の枚数を入力したらあっという間に計算してくれます(笑)

で、こうして最低限の服を持とうと思ったら、色やデザイン選びは慎重になってくるし、

1着1着の似合わせの質

も精度を上げないといけないわけで、

洗練

されてくると思うんだよね

そういう時に力になってくれるのが

パーソナルカラー診断

これは、色だけじゃなくて、似合うデザインまで診断できるから、是非1度診断してもらうことをおススメしています

僕は、美容師って仕事上、パーソナルカラーは必須だと思うので、サービスで診断しています

タンスの肥やしを増やさない
かしこいオシャレの楽しみ方

そのヒントが実は数学にあったなんて、学生時代に知っておけばもう少し勉強に対する熱意も違っていたかもしれませんね(笑)
posted by コウちゃん at 15:18| 福岡 ☀| Comment(0) | ・愛され美人の似合わせの法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

大事なのは認知度じゃなくて、信用度

ウィッグ業界って、実は指で数えられるくらいの会社しかない

まぁだからというわけじゃないけど、

認知されている会社

しか選ばれないことが多いわけで、そうなると

殿様営業

みたいなところが多くなる

大人世代でウィッグが欲しい人

って、ファッション感覚っていうよりも、悩みを抱えているからということが多いだろうけど、それにしてもそこにつけ込んで

ムダに高額

なブランドでひしめき合っているのがこれまでの「業界事情」だったんだよね

これは、僕が美容師だから感じる“違和感”で、ある意味業界のぶっちゃけ話になるのだけど、僕たちが練習で使うマネキンタイプのウィッグで、人の毛で作られたモノは、良質なモノで

2万前後

であることが多いわけ
その制作過程を教えてもらったこともあるのだけど、

手植え

って作業自体はウィッグも、マネキンタイプも同じなんだよね

髪の質や、量も同じくらい

なのに、人の毛で作られたウィッグって、マネキンタイプよりはるかに高い

もの凄くド素人的無知な発想でいけば、

人形の部分があるわけで、その部分の製作費を考えれば人形の部分が無いウィッグってもうちょっとどうにかなるんじゃないの?

って思うわけで、

同じ2万前後のウィッグとなると人の毛で造られたウィッグを手にすることは到底できなくて、

バツグンに違和感出しまくりの人工的なウィッグ

しか手にすることができない

だから、僕は従来のメーカーに対しては「認知」はしていたけど、どこか信用できなかった部分があったんだよね

そう思うのも、僕が美容師だから感じたことなのだけど、こうした事って、美容師じゃなければその差を知る人なんてほぼいないと思う

その点、木下さんや、坂本さん達パルサポートが開発した

A−Fit

は本当に信用することができる

人の毛で作られたセミロングで、スタイルに関してはオーダーメイド

これが12万というのは、どんなに知られた既存のメーカーでも開発していない

となると、今度は

「安さ」に対する「信用」

が気になるところ

実はお袋が抗がん剤治療のために、今は斎藤道三を演じた西田敏行のような頭になっている(いや、ホントに兄妹かと疑いたくなるほど似ている(笑)

で、そんなお袋に年末に人工的な毛のウィッグをプレゼントしたのだけど、そのお袋にこのウィッグを試着してもらったら、試着した瞬間にその違いに気づいたわけ

そのお袋の話をまとめるとこうだ

・全然蒸れない、通気性が良い
・もみあげがあるって自然でいいね
・結んでも分かりにくいウィッグなんてあるんだね
・やっぱり、ツヤが全然違うね、自然でいいね

ということらしい
ようは、着け心地も、見た目もいいというわけだ

基本的にはもの凄く辛口でよほどいいモノじゃなければ、1つ2つじゃ済まない小言をいうお袋に1つも小言を言わせなかったモノというのは、37年付き合ってきた中でも指で数えるくらいしかない

そのお袋を唸らせたのだからこれは「本物」だと確信した

その信用できる着け心地を良くできたのも、木下さんと、坂本さん達が

コンビ時代に肌の弱い赤ちゃんや、小さい子供達が快適に過ごせる服を長年創ってきたノウハウかあってこそだと思う

ちなみに、お袋はこんなことも言っていた

コンビの服の着心地は赤ちゃんにしか分からないけど、
こうして今つけてみると赤ちゃんの着心地が分かるごたぁね

だってさ(笑)

坊主頭の長男にも試着させてみたら…

DSC_1408.JPG

あ、こっちは貞子バージョンやった…

気を取り直して…

DSC_1404.JPG

何気にこんな男の子がおりそうな…
というか、山下達郎に見えてきた(笑)

そんな長男も、

女子ってこんな気持ちなんだね

とイッチョ前にオトメゴコロを感じたらしい(笑)

とはいえ、老若男女を問わず自然な着け心地だということはこれで分かっていただいたでしょうか?(笑)

貢献型(エシカル)なモノコトは増えてきているとは言っても、最終的には

信用できる本物

しか残らないと思うけど、これは、間違いなくそういうモノとして残ると思う

何より、木下さんと坂本さんの子供と卒ママ達への想いがギッシリ濃縮されたモノなのだからね

福岡市より南側ではまだ筑紫野にある僕の店だけなのだけど、郊外に住んでる人で気になる人は自由に試着に来てくださいね

もちろん、試着だけでも構いません
試着していただいたからといって、“絶対に”売り込みは一切しませんので

というよりも、する必要がないくらいの逸品だと思うからその必要もないかな

ただ、まだまだ知られていないモノだから、広く知られるまではこうして発信はしていくけど、それもいずれ必要なくなる時がくるだろうね

だって、子供と、そのご家族と、そこに携わる人達を笑顔に変えることができるウィッグなんて、今の時代「A−Fit」しかないのだから

2017年07月20日

誰もが笑顔になって、人を笑顔にするものしか残らない

ウィッグって誰もが高いイメージを持っていると思うし、僕もそういうイメージが強かったんだよね

人の毛じゃなくて、人工で作られたフルウィッグのショートスタイルで2万〜5万くらい

これが人の毛だと

決められたスタイルでも値段が一気に跳ね上がる

ましてや、ロングスタイルともなるともの凄い高額だ

それがオーダーメイドともなると、もはやセレブのためにあるとしか言えなくなる

これじゃ、オシャレを愉しむどころか、まるで

身の上をわきまえろ

と言われているようですらある

その点、パルサポート社が必死に美容室を1件1件渡り歩き、美容師の声を真摯に受け止めて作った

A-Fit

は至ってシンプルだ。
フルウィッグでは

・カラーバリエーションは自然なブラウンと、ブラックの2色
・スタイルはセミロング(鎖骨くらい)

と至ってシンプルだ


その他といっても、トップピース(頭のてっぺんの分け目付近だけをカバーするウィッグ)がサイズ別に2種類あるくらいだ

実はここに、僕たち現場の美容師の声が詰まっている

これまで、美容室でウィッグを購入しようとしたら、

行きつけの美容室にウィッグの相談

美容室がディーラーにウィッグの発注
・お客さんが選べるように数種類のスタイル、カラー別に仕入れ

美容室に入荷

お客さんにご連絡

再度お客さんに来店していただく

カウンセリング
・この時に気に入るものがあればいいけど、無い時はまた新たに仕入れ直し
・仕入れ直しの時点で、お客さんは美容室では買わなくなる

ウィッグ購入
・だけど、既にスタイルができあがっているもので、基本的には売り切り

って、スッゴイめんどくさい流れだったわけ

となると、

・百貨店やモールみたいなオープンスペースで選んでカウンセリングして購入
・ウィッグメーカーに直接足を運んでその中でカウンセリングして購入

って2つの選択肢しかなくなるわけで

キレイを愉しむ

ってことよりも、むしろ、

お悩み解決

と感じる人も少なくないと思う

そこで、この形に至ったわけだけど、ようは、

大は小を兼ねる的発想

というわけ

鎖骨くらいのセミロング

に絞ったたことで、

ショートスタイルにしてみたり
ボブにしてみたり
セミロングでニュアンスを変えてみたり

手にした人の思うがまま、
自由に好きなスタイルを愉しめる
“いつもの”美容室に通い続けることができる


というわけ

おまけにほぼ人の髪だから、パーマもかけられるし、何よりも

美容室に行く楽しみはそのまま

なのだから、女性として美容室に通う気持ちはそのままでいられるというわけで、言ってみれば、

セミオーダー

なウィッグというわけ

ほぼ人の毛で、セミロング、おまけにセミオーダーでデザインフリーとなると、これまではそうしたものは数十万〜天井知らずだったわけだけど、A-Fitは

120,000(税込)

でメンテナンスまでついてくる

まとめるとこういうこと

・ほぼ人の毛で作られたウィッグ
・ウィッグのスタイルは買った人の好きなスタイルにできる
・パーマをかけるもかけないも自由
・アフターフォロー(取扱店毎)

こうした事を可能にしたのは、コンビで培ってきた経験があるからというわけ

しかも、これは、手にした人だけが喜ぶのではなくて、

手にした人の数だけ、髪で悩む子供たちにも行きわたるという

社会貢献型

でもあるということ

自分だけが満たされたらそれでいいっていうモノじゃなくて、

自分が満たされて、同時に他の誰かも満たされる

というわけ

髪に悩む1人の子供が笑顔になる

ってことは、

その子1人だけじゃない

ってことで、

その子の家族、治療に携わる医療関係者、共に支える人達

も笑顔にすることになる

東日本大震災以降、絆とか繋がりってことが言われるようになったけど、これからは、

言わなくても繋がりや絆を感じられるようになる時代

になってくると思うし、そういうモノしか残らなくなると思う

自己満だけの消費

というのがどんどん減ってくるというわけで、今はその創生期みたいな時期

これからは、誰もが楽しめるモノコトしか残らなくなる

みたいなことは、あのキンコン西野さん始め、多くの著名人たちも言っていることだ(特別面識はないのだけど、こうした事には”寛容”な人だと僕が勝手に思っているだけなので、ご本人さんにツッコまれたら一部削除するかもです(笑)

しかも、嬉しいことに早速問い合わせが来はじめた

この流れにいつ乗るか

早いか遅いかだけの話だけど、遅いよりは早いほうがいいと僕は思う

早ければ早いほど、誰もが笑顔で暮らせる社会は近づいてくるのだから

実際に触れて、良さを体験してみたいという人はいつでもご連絡ください

試着、説明は当然無料ですし、ご相談頂いたからと言って一切売り込みはいたしません

髪で悩む子供たちに貢献するモノだからこそ、ピュアに拡がることをしたいですからね
posted by コウちゃん at 16:20| 福岡 ☁| Comment(0) | ・愛され美人が持っている「E・L・O」意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

オシャレを愉しみながら社会貢献できることは確実に広がっている

ベビーブランドの

コンビ

と言えば、子育て世帯で知らない人は少ないはず

そのコンビの首脳陣にいながら、4月に独立した

木下道太氏

が、同じくコンビの最前線で活躍していた坂本正裕氏を筆頭に今度は卒ママと子供たちのために新たに立ち上がった

ってことは、以前の投稿でも数回書いたことがあったけど、いよいよ本格始動

といっても、今度は「ベビー」ではなく、

髪で悩む子供たちと卒ママたち

のためで

パルサポート株式会社

としてだ

子育ても落ち着いてくると、生活にも気持ちにも余裕が出始めると思う

だけど、それと同時に気づけばオシャレや暮らしの悩みも出てくることがある

髪も服のように着替えることができたなら…

大人になるとこうした事を感じることも少なからずあるだろうけど、

今を生きる大人世代にとって、ウィッグにはどこか抵抗感があるもの…

今の20代くらいの人達だと、エクステやオシャレウィッグなどのブームの影響で、そうした抵抗感も少ないだろうけど、

そうしたブームを経験してこなかった僕たち大人世代にとっては、どうしても抵抗を感じずにはいられないという人もいるだろうと思う

その理由には

・ウィッグの値段と質
・見た目
・着け心地
・手にする価値

といったようなことがあると思うんだよね

大人世代のそうした悩みも、抵抗感も、ママ達と共に子育てに歩んできた木下氏と、坂本氏だからこそ分かる部分があったんじゃないかなぁ〜と勝手に想像しているのだけど、

今回そんな卒ママ・卒ママ予備軍のために、この2人を筆頭に1部の美容師達が加わり、

業界初の新たなウィッグを開発・提案

をしていくことになったというのはもの凄く大きな流れになると思う

その中身については一回の投稿では書ききれないから、小分けにして書いていくとして、僕が坂本さんと一緒に仕事をしてみたいと思ったのは、このウィッグに

社会貢献型(エシカル)

っていう「価値」があったから

僕はJHDACに加盟して、ヘアドネーションをしているけど、実はこうした活動をしている母体はこれまでJHDACただ1つだけなんだよね

だけど、髪が無くて悩んでいる子供達って…

小児がん   16000人〜20000人
先天性乏毛症 16000人〜20000人

実に3万〜4万もの子供たちが髪の悩みを抱えているわけ…
JHDACのHPでも167人の子供たちがウィッグを待ち望んでいることが分かるけど、今申し込みをしても、2年待ちというのが実情らしい

つまり、

欲しい時に手に入らない

ってことが現実に起こっているんだよね

そうしたことに気づき動き出したのが、木下氏と坂本氏、そして1部の美容師というわけ

ヘアドネーションは本来髪と寄付金を提供していただいて、髪の悩みを抱える子供達に無償でウィッグを提供するものだけど、どんなに興味や関心があっても、提供する髪がないことには行えない…

だけど、今回新たにパルサポート社がウィッグ開発で加わることでもっとその活動の幅を拡げて、より多くの人から力を得る場を作ることができるようになったというわけ

ウィッグを買ってくれた人の数だけ、
髪で悩む子供達が笑顔に変わる


というわけ

ヘアドネーションでは

髪を集める
製作費を集める

という2つの事をしていたわけで、どちらもバランスよく集まらないことにはHPのような現状になってしまう

だけど、坂本さん達は、コンビで培ったネットワークを上手に活用して、

人毛を入手する経路
人毛ウィッグを制作する場

をきちんと整備したから、

オシャレを愉しみながら同時に社会貢献

っていうエシカル的なウィッグを作ることができたわけ

何より、これまで1つの母体でしていた活動が、

JHDAC
パルサポート、

っていう2つの母体で、結果的に同じことを2つのやり方で

ってことになるわけだから、「2年待ち」っていう現状も突破できるはずでもっと多くの子供たちが笑顔になるはずだ

ただ、課題が1つ…

まだ、福岡と佐賀の限られたごく一部の美容室だけ

でしか販売できないこと

福岡といっても、

主に福岡市内がメインで、福岡市より南側ではまだ僕のお店だけ

なんだよね…

これが人気を呼んで、今賛同している美容室だけじゃ足りなくなるくらい受発注が増えないことにはどんだけここで叫んでいても依然として子供達の下に届けるには「2年待ち」って状態になると思う

だから、

このウィッグの件に関してだけは強く告知させてください

このウィッグを手にする人の数だけ、
髪で悩む子供たちが笑顔になれる

子供たちが笑顔になれば、
その保護者さんも笑顔になれる


ただ、

ウィッグなんてどれも一緒でしょ?

なんて思う人もいるかもしれないから、今後の投稿でウィッグそのものの詳細も明らかにしていきます

まずは、ご紹介まで

ただ、この時点で興味があるという人は、いつでもご相談ください
もちろん、美容師さんからのお問い合わせもお引き受けします
このウィッグが広がる場所は多ければ多い方がいいので

2017年07月18日

大切なことはみんなBarで教わった

”モテ意識”って昔に比べるともの凄く寛容になってきたように思う

で、”モテ”意識には3つあるってことを以前行ったことがあるBarで教わったんだよね

・異性からの“モテ”
・同性からの“モテ”
・そうしたモノを超越した“モテ”

ということ

で、その人がどこを意識するかで“お酒の場所選び”というのが出てくるらしい

異性からモテたいと思う人は、キャバクラや、ホストクラブに
同性からモテたいと思う人は、居酒屋に
その両方を超越した“成長”をしたい人は、Barに

ということらしい

確かにそうかも…というのは僕の偏見かもしれないけれど、少なくとも僕の体験上はその通りだと感じることが多かった

モテる

っていうと、ついつい

異性にウケる

ってことを想像しがちだけど、大人になるにつれて

カッコ良さとか、オシャレとか、美容って異性にウケるかどうかよりも、

自分を満たすかどうか

に変わってくると思う
シャネルに言わせれば、それが30代くらいってことなのだと思う

で、さらにいろんな経験とかそういうモノを重ねていくにつれて、

な〜んか物足りないなぁ…

って感じるようになると思うんだよね

そうしたものって、性別の垣根を超えて、人との繋がりを実感したいっていう

大人としてのピュアなモテ意識

みたいなものだと思うんだよ

Barって聞くと、高そうなイメージが強いだろうけど僕はそうは思わなくて、

ヘタなカルチャースクールや、
インチキスピリチュアルに行く

よりも、よっぽど学びが多い場所

だと思っている

今風に言うなら、

コスパがズバ抜けていい

といった感じかな

例えば、キャバクラやホストクラブ、居酒屋、Barで

どこも同じ金額

を支払ったとする

キャバクラや、ホストクラブは、「異性からのモテ」の疑似体験のようなモノを感じられるだろうし、そういう場所が好きなコミュニティであれば、そこで情報交換ができたりもする

居酒屋だったら、コミュニティの結束とか、仲間内での繋がりが強くなると思う

だけど、Barは、お酒の飲み方はもちろんだけど、人として、大人としての「生き方」みたいなことを教えてくれるんだよね

それも、金額に応じてみたいな無粋なことはしなくて、たとえ30分だろうと、夜明けまでだろうと、とことん付き合ってくれる

で、当然だけど、そこで見聞きした体験ってのは、生きていく中でも大きな力を与えてくれる

そう感じるのは、僕が初めてお酒をたしなんだ場所がBarだったからかもしれないけれど、少なくとも、Bar以外で

楽しみながら、心が楽になって、何かをお店から学んだお酒の場

というところにはいまだに出逢ったことがない

だから、

マスター=師

なんだろうね

今はBarに行く機会がめっきり減ってしまったけど、僕が美容室過多な時代で、自分で店をしたいと思ったのは、

Barのような美容室があってもいいんじゃね?

的なことを思ったからなんだよね

異性からのモテ髪ってどこでも打ち出しているようなことだし、

スッキリとした気持ちになれるような美容室も郊外にでればどこにでもある

だけど…

大人の“ピュアなモテ「意識」”を「磨く」美容室

って実はそんなに多くないんじゃないかな?
(いや、あるにはあるだろうけど、そうした部分を表に出していないだけかもしんない)

だから、

美容室ってどこも同じに見えてどこを選べばいいかわからない

みたいなことが言われるのだと思う

ってことを、実はあるBarのマスターに言われて目からウロコな事を教えてもらったんだよね(笑)

今の自分に何か不足感を感じていたら、Barに行ってみるといいかもしれない

でもって、Barみたいに「生き方」を教えるまではいかないけれど、何か不足感を抱いているようだったら、Barのような美容室に是非1度遊びに来てください

こんだけBarを語っておいて、お店は居酒屋を彷彿とさせる純和風ですが(笑)

ちなみに、今は“夏老けインナードライ”の対策についてフェイスブックページに書いているから、気になる人はそちらをどうぞ


ヴィラロドラリベルグロスジェル(保湿アイテム)
https://www.facebook.com/272942526240948/photos/a.281773302024537.1073741827.272942526240948/729790747222788/?type=3&theater

ヴィラロドラカラー(エイジングケアカラー)
https://www.facebook.com/272942526240948/photos/a.281773302024537.1073741827.272942526240948/729270913941438/?type=3&theater