2017年02月28日

還暦を迎えた赤ちゃん

毎日毎日

ホントにいろんな人に出逢える

ってのは、幸せだと思う

それも、1人の人に

最低30分

は時間を頂いている
長くても、3時間以内くらい

本を読む
とか、

セミナーに行く
とか

そういう事より、何よりも

リアルで人と向かい合う

事以上に成長の振り幅が大きいものは無い

と思う

で、これは、最近聞いたお客さんからの話

「還暦」ってよく言うけれど、
そのお客さんいわく、

人生がリセットされる年

ということらしい
つまり、60歳というのは、

0歳

ということ

だから、

イロボケ
とか、

ワガママ
とか

そういうものを

60歳=0歳

と当てはめてみたらどうだろうか
というわけ

70歳=10歳
80歳=20歳

ってことになるよね
で、自分たちが

ティーンエイジャーの頃
とか、
20代の頃
とか

思い出してみ?
というわけ

するとさ、

大抵の事は理解できんでしょ?
という事らしい(笑)

確かにそう言われてみればそうかもしれない

今、

高齢者の自動車運転
とか、
高齢者のモラル
とか

そういう事をやたらと叩く風潮があるけどさ
そう考えたらさ、

10代を生きる70代
とか、
20代を生きる80代
とか

って、ことなんじゃないかな
で、今を生きる子供たちみたいにさ

優しく見守る人
とか、
不安を優しく包んでくれる人
とか
叱ってくれるけど最後は優しく包んでくれる人
とか

そういうモンが必要なんじゃないかと思うわけ

僕はなんだかんだで、30代も折り返してさ

アラフォー世代まっただ中

なんだよね

でもさ、

ご近所中がお袋だらけ、親父だらけの10代
でさ、
いつでも支え続けられっぱなしの20代
でね

そうしてここまでやってこれたんだと思うわけ

いつでも、

周りとはちょっと違う子

だった僕をさ、いつでも、今でも

誰かがどっかで支えて、導いて

くれる人がいるわけなんだよね

なのにさ、

年功序列的
にね

年とってんだからいろいろ分かんだろ
とか
年とってんだからもっと考えられるだろ
とかさ

そういう事を今の社会って言ってる
ように見えてくるわけ

確かに、

リアルな10代
とか
リアルな20代
とは

違うと思うよ

たださ、そうした中で
こないだテレビでさ、

88歳で、

お笑い写真合成

してる熊本の喜美子ばあちゃんの話を見たけど、

西本喜美子.jpeg

こんなんとか、

西本喜美子 2.jpeg

こんなことしてるわけよ(笑)

88歳=28歳ってしたらさ、

パソコン使えたって不思議じゃない

って思うわけ

肉体的には

出来ない事が増えてくモン

だってのは、よく分かるよ
実際、今高校生に混ざって、100m猛ダッシュしたらさ

絶対にこけるか、ケガする

自信あるもん(笑)

ようは、

想像力の問題

だと思うのよ
肉体的、物理的に0歳からスタートするってことじゃなくてさ、

精神的に0歳からスタート

するってことなんじゃないかなと思うわけ

そう考えりゃさ、

60過ぎた人達との接し方

も変わってくるんじゃないかなと思うわけ

で、その話きいて自分の両親を見ていたら…(笑)

親父62歳
お袋65歳

僕が子供の頃は、

星一徹がブラウン管から出てきた

星一徹.jpeg

ような超ガンコ親父(笑)
ちゃぶ台ひっくり返ることはなくても、
ビール瓶が飛んでくることはあった(笑)
(その次の日から缶ビールになったけど(笑)

そんな親父が、
還暦過ぎたあたりから急に丸くなり始めたから面白い

子供をやたらと怒り、子供の言う事を聞かない
ことばかりの親父が…

妙に素直に聞いてくれる
とか、
妙にいろいろ聞いてくる
とか

そういう事が多くなってきたわけ(笑)

こないだなんかは、ブログの話してきたもんだから、
こげんすりゃ見れるって教えたけど…

ようわからん…もう少し詳しく教えてくれんか
だって(笑)
言ってみれば、2〜3歳児のようなもんだよね(笑)

で、そのちょっと上のお袋はというと…

お父さんが○○してくれるんだけどやり方が違う
とか
お父さんに▽▽してって言ったのに、ちっともしてくれない
とかいうわけ(笑)

こうしたことって、息子たちが5〜6歳くらいの時によくあった(笑)

だからさ、

息子たちに教えるように
親父に教えてさ
息子たちをさとすように
お袋のグチを聴くようにしてみたの

そしたらさ、

4人の子持ちかよ!

って思えるほどに、気持ちに余裕が出てきたわけ(笑)

でも、

おっきな2人は、息子たちよりはずいぶん聞き分けがいいから
ある意味じゃ、子育てよりも断然楽で、楽しいわけ(笑)

で、ここにも、

10年後、100年後の子供たちが笑って暮らせる社会

を作る種があるように思う

だってさ、子供たちにしてみれば、

スッゲェ年の離れた友達

みたいなもんじゃん
そんな、子供たちの友達がさ、

オトナたちに叩かれてる

のみたらさ

スッゲェ嫌

だと思うのね
って考えたらさ、

年功序列
とか
年上なんだから
とか

そういう「当然」って意識もちょっと変わってくんじゃないかな

お年寄りだから大切に
するんじゃなくて、

還暦過ぎた人には
子供を想うように

ってことが大事なんだと思う

子供にだってさ、

お兄ちゃんなんだから
とか
○歳なんだから
とか

そういう事いったら、カンシャク起こすじゃん

それと同じでさ、

年上なんだから
とか、
高齢者なんだから
とか

そういう事言われりゃさ、

ヤんなっちゃう

もんだと思うんだよね

それよりも、

子供に手を差し伸べるように
とか、
子供をさとすように
とか

そんなことでいいんじゃないかと思うんだよ

だけど、

今を一生懸命作ってくれた

って感謝と尊敬の気持ちは大事にしないと
ただ単に見下しちゃうってことになりかねないから
そこは、気をつけないといけないんだろうけど

で、ウチのお客さん

3分の2が

子供と、高齢者

だから、とにかく騒がしい(笑)
言ってることや、やってることは

どっちも同じ

ようなもんだから(笑)
だからこそ、この人達が明るく元気で暮らせる世の中ってのを
作りたいんだと思う(笑)
posted by コウちゃん at 14:49| 福岡 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつも、ファスティングしているおデブな友人

こんにちは!
先日話した、おデブな友人ですが…
「おデブが食べちゃう心理」
http://hisui-biraku.seesaa.net/article/447206756.html

実は、ちょくちょくファスティングをしています

な・の・に!

おデブ…

その理由は、先日の話にあるように、

食べられそうだから食べる

ってことしてるからなんですけどね(笑)
もちろん、本人にもその事はツッコんでいるのですが、
彼の、そのファスティングをする理由というのがまた面白かったりします

90kg超えたから、85kgくらいにしたい

と言うんです…
身長は、167pくらいなんで、僕とさほど変わりありませんから、
僕から見たら…

どっちもどっちじゃい!

ってなわけですよ(笑)
しかし、本人にとっては、その5sというのが大変重要らしく…

90kg以上 ⇒ だらしないデブ
85kg   ⇒ イジラれて美味しいデブ
80kg以下 ⇒ イジラれない「普通」の人


というのです
この友人にとっての

スタイルがいい

というのは、

チャームポイントになりうるギリギリのところ

というわけなのです(笑)

デブ.jpg

彼の場合は、

自分の武器として使いこなすため

にちょうど良いところを理解している
からそれでいいんでしょうが、

ファスティングしている事に満足している

という人がたまにいます
ようは、

大した変化もないのに、

ただやってる事だけに満足

してるという人です
(と言っても、ダイエットを目的にしている人でということですが…)

こうした人に限って、いろんなダイエット法にトライしては、

あれはダメだった
とか、

あれは人によるのよ
なんて言ったりしていることがあるもんです…

しかし

ファスティングをすることが目的
ダイエットすることが目的


だから、失敗する

という事に気づかないといけません

?????

と思うかもしれませんね…
ダイエットが成功し、その後もスタイルを維持できる人というのは、ダイエットが目的ではありません

・彼(彼女)に振り向いてもらうため
・健康維持のため
・キレイになりたい


などなど、最初はみんないろんな

きっかけ

があると思うのです
これが、本来の目的であるはずなんです…

あくまでも、

ファスティングを含めた様々なダイエット法

というのは、

手段であって、ダイエット法そのものが目的ではない

ということです

にも関わらず…

それが、ダイエットそのものと…

目的がすり替えられてしまっている

から、ダイエットに失敗するんです
先日お伝えしたように、

食べることは一生です
生きることも一生です


つまり、

ダイエットは一生

ということなんです
それは、ダイエットの本来の意味から考えても、言えることです
「ダイエットは大悦道」
http://hisui-biraku.seesaa.net/article/447269282.html

だから、ダイエットそのものに、目的を持ってしまうと、

あれはダメだ
とか、

これはダメだ
とか

となって…

いろんなダイエットを知ってるだけ



ただのデブ

となっちゃうわけです

…で、冒頭の彼の場合は、

85kgのスタイルをキープするため

という目的がブレないから、「おデブが食べる原理」を利用して、
時に、ファスティングで調整しているというわけなんですね(笑)

恐らく、彼が60kgと言い出したら、彼は、60kgをキープする生活を続けると思います…

…が、彼の言うように…

85kgの彼だからこその魅力

は間違いなくあると思います(笑)
posted by コウちゃん at 10:07| 福岡 ☀| Comment(0) | ・愛され美人のズボラなダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

諦めたらそこで試合終了ですよ by安西光義

最近11歳の長男が…

ねぇ、○○していい?
とか

ねぇ、▽▽って何?
って

よく聞いてくる…
その度に僕は、

自分で考えな!

って言う
すると、

何で?教えてよ!
ちゃんとした事教えてよ!


と突っかかってくるから面白い(笑)
いや、10歳くらいまではその都度教えてたからってのもあるんだろうけど(笑)

だけど、これは、僕自身そうだったからかもしれない
自分を見ているようで笑えてくるんだよね

よくさ、

間違えを恐れるな
とか、

失敗は成功のモト
とか

そういう事簡単に言うヤツがいるけど
そういうヤツに限ってさ、

何でそんな間違いをしたんだ!
とか、

お前の失敗でスゲェ迷惑してんだ
とか

そんなこと言ったりしてない?
僕からしたら、そんなこと言ってるヤツのほうが
よっぽどおかしく見えてくる

それほど、世間のジョージキ
ってのが

間違いに厳しい

ってことでもあるんだろうけど・・・・・

だけどさ、

スラムダンク.jpeg

って、スラムダンクでも安西先生言ってんじゃん

人生に「勝ち負け」はない
と思うけど

それは

人に決められる「勝ち負け」
であって

自分に「克つか、負けるか」
ってのとは違うと思う

そういう意味では、
人生ってのを

1つの死合

だと感じることが大事なんじゃないかな?

だってさ、

死ぬまで考えることは終わらない

もんでしょ?

悟り世代

って今の若い子達を皮肉って言ってるけど

こういう事がそうさせてんじゃないかな
って思うわけ(もちろん、他にもあるかもしんないけど)

間違いに厳しい

とさ、
子供や若い子に限らずさ

怖い

って思っちゃうじゃん
それこそ、そうした感情って

フツー

だと思うわけ
でもさ、何が間違いかなんてのは

やったヤツにしかわからない

と思うわけ(あ、昨日も似たようなこと言ったか(笑)

で、こうした「恐怖」の怖ぇところは

どうしたら失敗しなくてすむか

って考えるようになること

どうしたら死ななくていいか

ということは大事でも

どうしたら失敗しなくて済むか

なんてことはどうでもいいわけ
だって、

間違えよう
とさ、

失敗しよう
とさ、

死なねぇじゃん

って話だよ
死ぬほどの失敗なんてさ、
そんなに無いと思うわけ

死ぬほどの苦しみ

を感じることはあっても、

死ぬほど「苦しんでる」

って時点で生きてんじゃん
そしたら、次は違う事やりゃいいんだよ

そうした経験ってのが

個性

ってモノを作るんだと思うし、

深味

が出るもんだと思うし、

想像力

ってのが延々と広がり続けるもんだと思う

結局のところさ、
生きてて楽しいかどうかなんてのもさ、

想像力の差

だと思うんだよ
にも関わらずだよ

なんで失敗したんだ
とか、

なんで間違えたんだ
とか

そういう事言うヤツって、結局のところ
自分の事しか考えてねぇんだよ

そんなヤツのために生きてんじゃないんだよね

だからさ、

子供たち
とか、

若い子たち
とか、

もちろんあなた
にも、

諦めない
とか、

考え続ける
とか

間違え続ける
とか

そういう事を大事にしてほしいと思う

間違いは、間違えたヤツにしか分からない

ものじゃん

怖い
とか、

不安
とか

答えが分からない

から感じることであって、

やったヤツにしか「真理」は見えてこない
と思うわけ

で、家の息子たち…

間違いだらけ
失敗だらけ


なわけ(笑)
しかも同じ間違いばっかり(笑)

そんな時はさ、

思いっきり笑ってやるわけ
思いっきりツッコミしてやるわけ
場合によっては、叱るけどね(笑)


でもさ、

笑ってくれる人
ツッコミ入れてくれる人
叱ってくれる人


がいりゃさ、怖くないじゃん
1人になることもないわけ

そんなんがウケるんだったら
オイシイと思わない?(笑)

絶対に1人くらいは、
共感してくれる人がいるんだよ
味方になる人がいるわけ

だったらさ、

思った事はとことんやりゃいい
思った事は口にすりゃいい


そして、その度に

考え続けて
想像し続けて


いろんなもん作り直せばいいと思う

諦めたら、そこで死合終了…だから…ね…

って、僕自身、これまでも、

そして、これからも

間違いだらけ

失敗だらけ

な人生を歩いていくんだと思う(笑)

っていうと、スゲェ勇者みたいになっちゃうけどさ
ぶっちゃけて言えば…

スゲェ怖い!(笑)

でも、そのくらいのことしていかないとさ、

息子たち(若い世代)がついて来ねぇ!

ってことになると思うわけ

悟り開いた世代が次に向かうとこなんてないでしょ?

それにさ、

10年後100年後の子供たちが笑顔で暮らせる社会

なんてさ、まだ誰も見た事ないわけだし…ね(笑)
posted by コウちゃん at 15:51| 福岡 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウソな酵素商品?

こんにちは!
あなたは、「ウソ」をついたことがありますか?

僕はあります
というか、現在進行形?(笑)

長男と共謀して…

次男と娘に…

12月につくウソを…(笑)
(いや、これはウソと言っていいのかぁ〜(笑)

とはいえ、誰でも1度や2度くらいはあると思いますが、我が家では、子供たちに、

ウソはついていいウソと
ついちゃいけないウソがある


と教えています
だって、僕がウソついてて、子供にウソつくななんて言えませんから…(笑)

ホントに…

ついていいウソといけないウソ

これは、子育てじゃなくても気をつけないといけませんよね…
もちろん自分自身もそうですが、

世間にゃ〜いろんなウソがあったりするもんです…

その中の1つに、先日ご紹介した…

酵素商品

が挙げられます
いわゆる…

栄養ドリンク.jpg

酵素ドリンク

の類ですね…
これらは、酵素ドリンクを買って、ファスティングをして、上手にファスティングをしましょうというものなのですが…

酵素を増やしたい
酵素が入っているから


という

目的

で買おうとしている人にとっては、

ウソッパチ商品

となりますのでご注意ください

酵素ウンヌンじゃなくて、単純にそれがいい

という方にとっては、そういう事もありませんがね

というのも、日本の食品衛生って、けっこう厳しくて…
商品として出来上がるときには、

酵素が熱殺菌で働かない状況

になっているんです

さらに!

酵素って、実は…

ガバガバ増やせるもんじゃない

んです
んなことができりゃ…

不老不死の、巨人族だらけ

って事態になってしまいます
というのも、分かりやすく言えば、

工場で働く人=酵素

工場で働く人 2.jpg

のようなもんだからです
あなたの体を1つの工場に見立てたとします

工場で何かを生産するには、材料が必要です
でも、

その材料を運んだり、
機械を操作したり、
できた製品を運んだりと、

そこに

働く人

がいるから工場というのは成り立ちますよね?

どんなに凄い材料と、凄い機材があっても、

それを動かす人

がいなくては、何もうまれません
この工場の人にあたるのが、酵素というわけです

成長期の子供は、

成長したり、
生きたりするのに
とにかくエネルギーが必要

になるので、「人手」がたくさんいります

工場のバブル期

みたいなものです
しかし、成長期も終わり、大人になるとそれまで成長するために使っていたエネルギーは必要じゃなくなります
生きていくためだけでよくなるからです

工場のバブル崩壊

みたいなもんです
すると、働く酵素もそんなにたくさん必要じゃなくなるので、減っていきます
年を重ねる毎に減っていくわけですが、これがいわゆる「老化」という現象です

需要が減った工場に、人がたくさんいても、人件費が払えませんから、リストラが起こったりしますよね

そこで、酵素商品でありがちなキャッチコピーに
注意してもらいたいのが…

体内酵素を増やす

なんて言ってるモノがあったりします

酵素ってそういうもんじゃないので、
簡単に増やしたり減らしたりできるもんじゃないんです

とはいえ、栄養補助といった目的においては、問題は無いと思いますので…

酵素が増えたから体の調子が良くなった…

ということではなく…

しっかりした栄養バランスが整った

から体の調子が良くなったというわけなのです
ようは、サプリメントみたいなもんだと思えばいいんです

ってことは、最近ではよく言われるようになってきましたが、
いまだに、こんなこと言ってる人がいるとしたら、
そこんとこツッコんでみるといいかもしれません

それこそ、表示法違反まがいのセリフのオンパレードになるかもしれませんが(笑)
posted by コウちゃん at 10:40| 福岡 ☀| Comment(0) | ・愛され美人のズボラなダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

自由である事の責任と好き勝手にする無責任

自由の国アメリカ

なんて言われてきたけどさ
今のアメリカ見てると

好き勝手な国アメリカ

に見えておかしくなる

なにもアメリカに限った話じゃなけどね…

多くの人が自由の意味を理解していないと思う

自由=好き勝手

って思ってたら、ちょっと考えなおして欲しい

アメリカ.jpg

自由

ってさ、

拘束や支配を受けない

ってことなわけ

もっとも小さなとこで言えば

家庭

ちょっと大きくしたら

会社や職場

も少し広げて

住んでる地域や、国

ってな具合に、
生きてりゃさ

必ずどっかで縛られる

わけ
ただ、その縛りを

どこまで拡げられるか

ってことが

自由

ってホントの意味なんだよね

家庭に縛られたくなけりゃ

親元から離れる
とか

家庭を持たない
とか

すればいい
けど、人は1人じゃ生きられないから、

仲間
とか

仕事


縛られることになる

職場に縛られたくなけりゃさ

独立して起業
すりゃいいわけよ

でも、今度は、「法」や、「国家」
ってものに縛られるわけ

それすら嫌になったらさ、

ノマド

にでもなって、
世界中渡り歩けばいい

でも、行った先々の

国や民族性
ってのには縛られることになるけどね

ようは、自由ってのはさ、

縛りの境界

の問題なんじゃないかなと思うわけ

自分がどこまで縛りを広げていけるか
自分がどの縛りで生きることが自分らしくいられるのか

そういう事が

自由

なわけ
にも関わらず、

好き勝手にしてるヤツ

が今は多いと思う

好き勝手に

ってのはさ、そのまんまだよ

やりたい放題

って事
だから、

平気で人を傷つけるし
平気で法を犯すし
好き勝手にモノを言う

で、その結果さ
さっきのどっかの枠に引っかかった時にさ

個人の自由でしょ
とか

バレなきゃいい
とか

じゃ、殺せよ!
とか

こんなはずじゃなかった
とかさ

そういう事
簡単に言っちゃうんだよね
ようは、それって、

無責任

ってことじゃん

自由

じゃないんだよ

自由
にはさ、

自由
なりのさ

責任

ってのが必ずどっかであるわけ

我が家の家訓
とか

校則や、社則
とか

法律や条例
とかさ

自分の世界を広げていけばいくほどにさ

ルールという名の縛り

が必ず出てくるわけよ
そん時にさ、

どのルールを守るか

ってことなだけなんだよね

自由ってのは…

親の縛りから解放されたきゃ

独り暮らし
とか
家庭を持つ
とかすりゃいいわけ

学校って縛りから解放されたきゃ
社会に出りゃいい

会社って縛りから解放されたきゃ
起業すりゃいい

ってことなわけ
でも、進む先には、

進んだ先のルールと縛り

が必ずあるわけよ

自分がどのルールと縛りを選択するか

ってことなだけなんだよね
そして、そのルールと縛りを選んだのは

自分自身

なんだから、
当然そこには

責任

があるわけ

子供が好き勝手にできるのは
親が責任を取るから

学校で好き勝手にできるのも
親と先生が責任を取るから

会社で好き勝手に仕事できるのも
上司が責任をとってくれるから

ということなわけ
ようは、あなた自身に

責任が無いわけ
「無」責任なわけよ

でも、

自分で責任を取る

っていうなら、それこそが

自由

ってことなわけ

そうした目線でさ

自分と世界

を見てみると
けっこうおもしろいもんだよ

で、冒頭の今のアメリカ…

トランプ.jpg

我が家じゃ、誰よりも早く11歳の長男が

じゃ、トランプさんが大統領になるっちゃない

と言い出した(笑)
その理由ってのが、案外盲点だったりするんだよね

だって、おっきな会社の社長さんだったんでしょ?
お客さん集めるのが上手な人ってことでしょ?
で、他の人は一番上になったことがないんでしょ?


じゃ、一番上で、お客さんたくさん集めたことがある
トランプさんのが人を集めるのが上手いに決まってるじゃん

なるほどね!(笑)
と思わず納得したもんです

にも関わらずだよ
システム上のカラクリもあるのもわかるけどさ
今のアメリカで起こってることって

こんなはずじゃなかった

ってことなわけじゃん

選挙人を指名する人を選んだ
のも
その選挙人を選んだ人


すべて、あなた達が選んだ責任

ってことなわけ
確かに、国民投票よりも、

選挙人が優先されるってシステム

はおかしいと思うけど、
それをおかしいと気づいてこなかった
のは自分たちの責任じゃん?

だって、ちっちゃな日本って国でもさ、

1票の格差

なんて問題にしてるくらいだよ

選挙システムそのものに疑問持ってさ
それを指摘してさ
どうにかしようとしてるわけ

それをしてこなかったんだから、
それはしてこなかった責任
ってことなんじゃないかと思うわけ

って単に僕自身がアメリカって国の事を
知らなすぎるってことももちろんあるけどさ

で、こんなことはさ、

今生きてる人全員

に言えることなんじゃないかな
もちろん、そこには僕も含まれる

誰にだってさ、

こんなはずじゃなかった

ってことあるでしょ?
で、その時に、

じゃ、どう修正するか

ってのが

責任を取る

ということであって、

こんなはずじゃなかった

だけで、

思考停止しちゃって、

何も行動を起こさない
とか

誰かのせいにする
とか

そういう事やってる時点でさ

無責任

なわけ
そういう事に気づかないで

自由



好き勝手

に履き違えてる人って
けっこう多いんじゃないかな

って、僕自身がそういう失敗だらけだったから
もしかしたら、僕だけかもしんないけどね(笑)
posted by コウちゃん at 17:05| 福岡 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする