2017年05月06日

「繋げる」力

結局のところ、「違い」が全てで、最終的には「違い」を「繋げる」事で楽しくなるのだと思う

だけど、それはクオリティによるものじゃなくてもっとシンプルで本質的な部分での「違い」によるものだ

望むか望まないかとかそういう欲求的な部分

スマホでアンドロイドにするかアイフォンにするかみたいなものに似ている

クオリティ自体には大差はないけど、単純に好きか嫌いかとか、自分にとって使いやすいかそうでないかということで選ぶ人が大半だろうと思う

で、それをもっと広くとらえて見たときに、楽しいってのは

環境を変えるって事だったり、
環境をよく知るって事だったりするわけ


結局のところ僕たちは環境の中でしか生きられないから、その環境がどんなものなのかを知らなきゃ活かし方が見えないし、繋がりたくとも繋がれない
そもそもの環境が社会から逸脱したものかどうかも、その環境を知るところからしか始まらないわけだ

当然、知っただけじゃ何も変わらないわけで、自分の今の環境から、自分が楽しみたい環境に繋げないとホント何も変わらない

だから僕は美容師という仕事を楽しんでいる

美容師ってのは、基本的には「誰かが作ったモノ」を使って、作ってくれた誰かの代わりに施術をする仕事なんだよね

ヘアカラーを美容師は作らないし、
パーマの薬も巻きつける道具も作らないし
ハサミも作らない

全部どっかの誰かが作ってくれたモンで、それを使わないと仕事ができないのが美容師だし、美容師がいないと、作ってくれた人達は生活ができないわけで、それがあるから、人はキレイになれる

ようは、僕たち美容師の本質ってのは、テクニックそのものじゃなくて、見えない誰かと、目の前の大事な人を繋げる事だということ

そこんとこ勘違いしちゃう美容師が多いから、ホントに美容室を探している人が何で選べばいいのか分からなくなってしまうし、ここぞという時の身だしなみを整えることもできなくて悩む人が多くなるし、キレイになりたくても何をしたらいいのかわからないという人も増えている

だけど、こうした事は他の業界にも当てはまって、結局のところ、僕たちは見えない誰かと、目の前の大事な人つなげているという事なんだと思う

どんどん繋がりを感じて
どんどん繋がりを拡げて
どんどん繋げて行こう

間違いなく、そこには「楽しい」しかない

最後にちょっとだけ告知(笑)

イタリアと日本が繋がった正真正銘の「オーガニックヘアカラー」ってのをキレイになりたいと願うたくさんの人に届けたいと思っているから、こちらも自由に見て欲しい
https://www.facebook.com/272942526240948/photos/a.281773302024537.1073741827.272942526240948/692373580964505/?type=3&theater

posted by コウちゃん at 11:13| 福岡 ☔| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする