2017年05月08日

「区別」じゃなくて「違い」

基本的に僕たち今のオトナというのは、「区別」ありきで教育を受けてきた

男女の区別
年齢の区別
仕事の区別
学校の区別

数えたらキリがないけど、「区別」がない、デキないモノに関しては、抵抗感をもつように育てられてきたというわけ

それが、今じゃ70代80代の高齢者までもがスマホを持ち、デジタル文明に少なからず触れるような時代で、中にはものすごいスキルを身につけた婆ちゃんがいたりする

でもって、うんと若い「学生」が今は、このレベル
http://www.yukisako.xyz/

ハッキリ言って、僕たち30代〜60代が一番ついていけていないかもしれない(笑)
というか、そこにこそ、二極化というものの根源があるのだろうと思う

ということは、今の時代を楽しく生き抜くには、なんだかんだ言っても、この環境に適応していかにゃならんわけ

で、当然それができないと、子供もできないままで成長しちゃう
だって、デキない大人がデキる子供に導くなんてムリでしょ?

そういう意味でも、「違い」を感じて「繋げる」というのは大事になってくるし、導くってのも、「繋げる」ってことだから今の僕ら世代はホントに気づかないとヤバい…

ただ、僕は、「区別」と「違い」は意識的に使い分けるように心がけている

例えば、昔は仕事の上でも、生活の中においても「男女の区別」というのがあったけど、今はほぼない

あるのは、体の造りの「違い」とか、思考の「違い」とかものすごくシンプルに本質的な「違い」がただ「ある」というだけになってきた

子供と大人の区別

も今はかなりなくなってきていることに気づけないとホントにヤバイことになる
分からない人にはわからないだろうけど…

シンプルにスゲーヤツはスゲーし、そうでないヤツはそうでないって環境ができてきているわけ

我が家じゃ、11歳の長男が、65歳の主婦(婆ちゃん)と対等に家事の話をしている
僕も、オヤジも二人の会話についていけないのだ(笑)
この2人の間には、孫と祖母っていう区別がなければ、子供と老婆っていう区別もない
主婦としての経験の「違い」はあるけど、基本的には「対等」に語り合っている

こうした事はいたるところに現れてきている

この「区別」のないボーダーレスな環境ってのは、多くの人が「未知なる世界」だから、「不安や、恐怖」を抱えることになると思う

そうした時、ボーダーレスを楽しむコツとしては、

・ものすごくハードルが低いことからやってみる
・すでにその「未知なる世界」にいる人と繋がってみる


ということをおススメしている

で、こうしたことは、美容の世界でもようやく広がりだしたから、今は「オシャレ染・白髪染め」の区別をしないでヘアカラーが楽しめるようになっている

まずは、手軽に「違い」を体感してみよう

それを繰り返していけば、気づかないうちに「違い」を楽しむオトナになっているはず(笑)
https://www.facebook.com/272942526240948/photos/pcb.693365347531995/693365124198684/?type=3&theater
posted by コウちゃん at 12:24| 福岡 | Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする