2016年12月22日

「地球に優しい」は標準仕様!エシカルは「人にやさしく」

こんにちは!
ここんとこお伝えしている事は、外見のキレイということよりも、内面のことなので、賛否両論あると思います

というよりも、ピンとこないといった方があっているかもしれません

エコという言葉が浸透したので、今では、「地球に優しい」は当たり前の時代になりましたよね?
エコであることが最優先というわけにはいかなくても、何かを買う時に、エコ商品なのかどうかということが表示されていると、同じものなら、エコ商品にしてみようかな?という気になることがあると思います

極端に言ってしまえば、今の時代

エコであることは、当たり前

であるということです
それもそうですよね…「自分たち」が生きていく環境が良くなくては、生きていくことすら難しくなるわけですから

ですが、エシカルとなると、ちょっと違ってきます
エコの考え方に加えて、昨日の復興支援のように、「顔をしらない誰かのため」に何かをするということがエシカルです

エシカルというのは、言ってしまえば、

地球と、人にやさしく
世の為、人の為


ということです

じゃ、何でエシカルが今必要とされているのでしょうか?
エシカルは、日本ではまだまだ浸透していない言葉ですが、世界では今急激に広がりを見せています
そこには、エコだけではいけないと言えるだけの事情があります

貧困と格差

という問題です
最近やたらと聞く言葉で、池上彰さんなどが最近でもバラエティで説明していたり、今年は、NHKの特集で炎上騒ぎがあったほどのあの問題です

これと、エシカルがどう関係しているのかというと、それはあなたが普段使っているモノの流れをさかのぼると見えてきます

この「貧困と格差」が、世界の紛争の原因になってしまっている場合もあります
この「貧困と格差」をみんなで考えて、生活してみませんか?
ということが、エコ活動ではできない、エシカルという動きです


貧困と格差がエシカルにつながる流れを次回はお伝えしたいと思います
posted by コウちゃん at 17:03| 福岡 ☔| Comment(0) | ・愛され美人が持っている「E・L・O」意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: