2016年12月24日

そこに「愛」はあるのかい?って問いかけるのがエシカルです

こんにちは!
タイトルを見て、アンちゃん!と思った方は、「一つ屋根の下」を見ていた世代ですね?(笑)

今日はクリスマスイブってことで、どこも賑わっていますが、キリシタンの方からみたら、日本のクリスマスってどこか違和感を感じるようです
キリストの降誕を祝うのが本来の目的なので、基本的には、家族で祝うものらしいのですが、ま、そこは、お祭り好きの日本らしいというか、アレンジしちゃったわけですね(笑)

僕は、何か1つの宗教を信仰しているというわけではないので、キリスト教に限らず、「宗教」全般をちょっと違った目線でとらえています
というのも、どんな宗教であれ、最後に辿り着くゴールって

愛だろっ、愛。

って思うんです(あ、このフレーズも古いか…(笑)
と、愛を語りだすと長くなりそうなので、本題に入りますが、エシカルってそういうことなんです(って入って早々結論かい!)

前回、エシカルが貧困と格差にも関係していると話しました。
この格差って、「富の格差」ということもありますが、「知識の格差」も含まれると思います

例えば、あなたがジュエリーショップで見かけるダイヤモンドですが、どこでどうやって採られたものかご存知ですか?

んなことイチイチ知らねぇ〜よ!

っていうのが、大半の人の意見だと思います
昔と違って、「安くてもオシャレを楽しめる」ようになってきましたよね?

例えばジュエリーでもちょっと前までなら、一言でダイヤモンドといってもそれなりの値段がしていたものです
ところが、最近では、「ダイヤモンド」でも割と手に入りやす値段のモノがでてきました

これには、産地や、採掘方法などが関係していることがあります

あなたが楽しむために買った(もしくは買ってもらった?)ダイヤも、産地によっては、「戦争の資金源」として知らず知らずのうちに、提供していることがあるんです
こうしたダイヤモンドのことを…

紛争ダイヤモンド

と呼ぶのですが、これは、紛争地域原産のダイヤモンドのことを言います
紛争ダイヤモンドは、紛争地域の資金源となったり、採掘方法も、児童の強制労働や、半ば拷問のような労働を強いられてることがあります

つまり、紛争ダイヤモンドで作られたジュエリーって、言ってみれば…

血塗られたジュエリー

と言っても過言ではないのです
こうした事を知ったとき、それでもあなたは安くても紛争ダイヤを購入するか、それともそうではないピュアなダイヤを購入するかと聞かれたらどうでしょうか?

おそらく大半の人が、ピュアなダイヤを購入することを選ぶと思うのです

これが、「知識の格差」の怖いところです

知らないがゆえに、あなたが知らないうちに、そうした紛争に手を貸していることが他にもあるかもしれないということです

ですが、エシカルを掲げているブランドは、そうした材料の入手方法から、取引方法、雇用問題に至る細部まで大切にしています

どこでどうやって作られたか

をイチイチ調べるのは大変なことですが、エシカル企業を選択するということは簡単です
調べる大変さをすでに、エシカルブランドがしてくれているからです
しかも、製造の過程で、きちんとした対価を支払い、貧困地域で暮らす人々の手に職を与え、雇用の問題の解決までしていることが多いのも、エシカル企業の特徴です

何も、全てをエシカルにする必要はありません

でも、「そこに愛はあるのかい!」と江口洋介のように問いかけ、「愛だろっ、愛。」と永瀬正敏っぽく思って、ちょっとばかし高くても、エシカルなモノを選ぶ知識をもてば、「愛は地球を救う」って事になるんじゃないかなぁ〜と僕は思うんです

あなたが買うものに愛ってありますか?
posted by コウちゃん at 16:35| 福岡 ☁| Comment(0) | ・愛され美人が持っている「E・L・O」意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: