2017年05月26日

格差を埋めるモノを“常に”考え続けていくだけ

クレクレ星人を変える事はデキないけれど気づかせ、勇気づけることはできる

その後どうなるかは、その人やその環境次第で、僕たちができる事というのはホントに些細なことしかない

気づかせ、勇気づける

ホントにこれだけの事しかできないわけで、

大事なのは、どうありたいか、何を生み出したいかってことを“常に”考え続ける事

で、クレクレ星人が気づき、勇気を持って“進化”したら、僕は

ギブギブ星人

になると思う(笑)

ギブ=与える

ということだから、こうなればホントにいろんな人が楽になるし、そうありたいと僕は思うんだよね

だから、クレクレ星人とギブギブ星人は紙一重なのだ

クレクレとなっている時は、その人なりに何かしらの縛りから解放されたくてもがいている時なのだから

ただ、その方向性が“やり方”に偏ってしまっているだけの話で、やり方よりも大事な

あり方

にフォーカスできるように、勇気づけて共に歩む人が必要になる
そうした人に出逢えるのは幸せなことだし、何より、自分がクレクレ星人にならなくても済む
僕は幸運なことに、たまたまそういう人に出逢う事ができた

だから、僕は環境を変えるということは決して悪いことじゃないと思うんだよね

で、このクレクレ星人と、ギブギブ星人の違いがいわゆる“格差”というモノを生み出しているのじゃないかとも思う

というか、すでにこうした事は、あの諭吉さんが言っていたわけで、ホントにその通りだ

天は人の上に人を作らず、
人の下に人を作らず“といへり”


実は、僕自身もクレクレ星人だった時があるし、今でもそれは残っていると感じる時がある

で、この諭吉さんのセリフを、“平等”を説くものだと“勘違い”していたんだよね

だけど、実際はそうではなくて、“人の生き方に違いが生まれるモノは何ぞや”という事を説いたセリフの“たった一部分”だったというわけ

その為には、何かを学び、考え、動いたかどうかによって

“違い(格差)”が生まれる

ってことだったんだよね

だから、

不完全サイコー!不完全イェ〜イ!

となる(笑)

不完全ゆえに僕らはいろんなことにつまずき、悩み、その不完全さを埋めるために必死になるのだけど、

ようは、違い(格差)を埋めるためには

どれだけ学び、
どれだけ考え、
どれだけ創造していくか


ってことを“常に(=24時間)”続けていくことでしか埋められないってこと

仮に“失敗”と感じる結果になったとしても、格差を埋めるまでに至らなかったとしても、何も気にすることはない

だって、命までとられることはないのだから、いくらでも修正することはできるわけだしね

世の中の成功者たちにしても、ホントに順風満帆で成功した人なんていないのだから、自分のペースで自分にできることを地道にコツコツやっていけばいいのだ
posted by コウちゃん at 15:31| 福岡 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: