2017年05月30日

情弱列島

「情弱」という言葉が1部の人達の間では当たり前のように使われている

情報弱者

を略して情弱と言うのだそうだけど、

“情”に“弱い”

という意味で僕は使うことがある

よく言われることじゃあるけど、日本は治安が良いと言われている

確かにその通りだろうと思う
僕も海外に数回、数か国行ったことがあるけど、行ってみてホントに日本って住みやすいと感じたんだよね

表現力に関しては、日本人は欧米人に比べて上手ではないと言われるけど、それは、表面的な表現の問題で、国民レベルで、日本人ほど“情”に“弱い”国というのはそんなに多くはないように思える

例えば、海外ではストリートパフォーマーへの“投げ銭”や、チップの習慣が“普通”とされるけど、日本人では少ない

だけど、チップや、投げ銭はしなくとも、“差し入れ”はする

お金じゃなくて、その時々、相手に合わせた“送り物”をしているのだと思うわけ

それは、相手に対して“情”があるからで、形にならないモノを形にするのに、お金という手段ではなくて、送り物っていう手段でしているだけの違いなのだよね

いつもお世話になっているからそのお礼に
嬉しいことがあったから、そのおすそ分けに
申し訳ないと思ったから、そのお詫びに

理由はその時々で違うけど、“情”というものを大事にするからこそ、こうした風習があるのじゃないかなぁと思う

“情”をお金にするか、相手に合わせた物にするか

それだけの違いなのだけど、僕は、形にならない“情”というものをお金じゃなくて、送り物にするってのは、実はもの凄いハイレベルなことをしていると思うんだよね

その為には、相手の事を知らないといけないし、相手の事をそれだけ深く知るということは、それだけ深いつながりがあるからこそなのだと思う

何気ないことなのだけど、この何気なさが、ホントに大事だと思う

だけど、それは“諸刃の剣”でもあって、“情”に“弱い”からこそ、主観的にもなりやすい

それで、トラブルになることがあるし、“群れ”る人も出てきたりすると思う

それは、そういう環境で育ったことだから、仕方のない事なのだけど、今はそれを“やり方”でどうにかしようと必死になっている人が多いような気がするのだよね

もともとが、“やり方”よりも“あり方”を大事にしてきたのが日本人なのだから、やり方なんてのは何でもいいし、どうでもいい

あり方さえしっかりしていれば、やり方なんてのは人の数だけあるわけだから、そっちの方が楽だし、楽しむこともできるし、何より、“気質”ってものがあっていると思うのだよね

それに、あり方がしっかりしていたうえで、やった事なら、例え失敗しようとも、それはそれで、ネタのように受け入れられるんじゃないかな(笑)

だから、僕は、やり方よりもあり方を発信することで、人を支えて、応援したいと思うんだよね

とは言っても、僕も“やり方”にフォーカスしちゃう時がまだまだある
そういう時は、一旦立ち止まって、書いて整理したりして、自分を他人と思って、見るようにしているんだよね

そうしたら、ちょっとは落ち着いて、そもそもの向かいたい方向が見えてくるからね
posted by コウちゃん at 15:42| 福岡 | Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: