2017年07月22日

大事なのは認知度じゃなくて、信用度

ウィッグ業界って、実は指で数えられるくらいの会社しかない

まぁだからというわけじゃないけど、

認知されている会社

しか選ばれないことが多いわけで、そうなると

殿様営業

みたいなところが多くなる

大人世代でウィッグが欲しい人

って、ファッション感覚っていうよりも、悩みを抱えているからということが多いだろうけど、それにしてもそこにつけ込んで

ムダに高額

なブランドでひしめき合っているのがこれまでの「業界事情」だったんだよね

これは、僕が美容師だから感じる“違和感”で、ある意味業界のぶっちゃけ話になるのだけど、僕たちが練習で使うマネキンタイプのウィッグで、人の毛で作られたモノは、良質なモノで

2万前後

であることが多いわけ
その制作過程を教えてもらったこともあるのだけど、

手植え

って作業自体はウィッグも、マネキンタイプも同じなんだよね

髪の質や、量も同じくらい

なのに、人の毛で作られたウィッグって、マネキンタイプよりはるかに高い

もの凄くド素人的無知な発想でいけば、

人形の部分があるわけで、その部分の製作費を考えれば人形の部分が無いウィッグってもうちょっとどうにかなるんじゃないの?

って思うわけで、

同じ2万前後のウィッグとなると人の毛で造られたウィッグを手にすることは到底できなくて、

バツグンに違和感出しまくりの人工的なウィッグ

しか手にすることができない

だから、僕は従来のメーカーに対しては「認知」はしていたけど、どこか信用できなかった部分があったんだよね

そう思うのも、僕が美容師だから感じたことなのだけど、こうした事って、美容師じゃなければその差を知る人なんてほぼいないと思う

その点、木下さんや、坂本さん達パルサポートが開発した

A−Fit

は本当に信用することができる

人の毛で作られたセミロングで、スタイルに関してはオーダーメイド

これが12万というのは、どんなに知られた既存のメーカーでも開発していない

となると、今度は

「安さ」に対する「信用」

が気になるところ

実はお袋が抗がん剤治療のために、今は斎藤道三を演じた西田敏行のような頭になっている(いや、ホントに兄妹かと疑いたくなるほど似ている(笑)

で、そんなお袋に年末に人工的な毛のウィッグをプレゼントしたのだけど、そのお袋にこのウィッグを試着してもらったら、試着した瞬間にその違いに気づいたわけ

そのお袋の話をまとめるとこうだ

・全然蒸れない、通気性が良い
・もみあげがあるって自然でいいね
・結んでも分かりにくいウィッグなんてあるんだね
・やっぱり、ツヤが全然違うね、自然でいいね

ということらしい
ようは、着け心地も、見た目もいいというわけだ

基本的にはもの凄く辛口でよほどいいモノじゃなければ、1つ2つじゃ済まない小言をいうお袋に1つも小言を言わせなかったモノというのは、37年付き合ってきた中でも指で数えるくらいしかない

そのお袋を唸らせたのだからこれは「本物」だと確信した

その信用できる着け心地を良くできたのも、木下さんと、坂本さん達が

コンビ時代に肌の弱い赤ちゃんや、小さい子供達が快適に過ごせる服を長年創ってきたノウハウかあってこそだと思う

ちなみに、お袋はこんなことも言っていた

コンビの服の着心地は赤ちゃんにしか分からないけど、
こうして今つけてみると赤ちゃんの着心地が分かるごたぁね

だってさ(笑)

坊主頭の長男にも試着させてみたら…

DSC_1408.JPG

あ、こっちは貞子バージョンやった…

気を取り直して…

DSC_1404.JPG

何気にこんな男の子がおりそうな…
というか、山下達郎に見えてきた(笑)

そんな長男も、

女子ってこんな気持ちなんだね

とイッチョ前にオトメゴコロを感じたらしい(笑)

とはいえ、老若男女を問わず自然な着け心地だということはこれで分かっていただいたでしょうか?(笑)

貢献型(エシカル)なモノコトは増えてきているとは言っても、最終的には

信用できる本物

しか残らないと思うけど、これは、間違いなくそういうモノとして残ると思う

何より、木下さんと坂本さんの子供と卒ママ達への想いがギッシリ濃縮されたモノなのだからね

福岡市より南側ではまだ筑紫野にある僕の店だけなのだけど、郊外に住んでる人で気になる人は自由に試着に来てくださいね

もちろん、試着だけでも構いません
試着していただいたからといって、“絶対に”売り込みは一切しませんので

というよりも、する必要がないくらいの逸品だと思うからその必要もないかな

ただ、まだまだ知られていないモノだから、広く知られるまではこうして発信はしていくけど、それもいずれ必要なくなる時がくるだろうね

だって、子供と、そのご家族と、そこに携わる人達を笑顔に変えることができるウィッグなんて、今の時代「A−Fit」しかないのだから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: