2017年02月20日

毎日、毎日…寝ても、覚めても…

こんにちは!
あなたには、寝ても覚めても、いつも頭から離れない「人」っていますか?

恋人?
それとも旦那様(奥様)?

「いやいや、そんな時期はとうに過ぎちゃったよ!」

という人が多いかな?

僕にはいます…

常に…

子供たちが!(笑)

子供.jpg

といっても、我が子のことばかりではありません
僕は、子供の頃から、小さな子達が好きでした

というよりも、僕には小さな子達こそが、いつでも「ヒーロー」だったのです

高校時代には、真剣に保育士になることも考えていたほどです

それだけ、親ばかならぬ、子供バカなんです(笑)

そんな僕が保育士でなく、美容師として、女性をキレイにすることを選んだのは理由があります

それは…

10年先、100年先の子供たちが笑顔で暮らせる社会を作りたい

という気持ちがあるからです
これは、大げさでもなく、本気で思っています

「じゃ、なおさらやることが違うんじゃない?」

そう思うかもしれません
でも、僕にとっては、これが一番近道なのです

世界の平和も家庭から…

マザーテレサ.jpeg

これは、マザーテレサの言葉として有名ですが、今の社会問題の多く(イジメ、貧困、紛争や戦争、たくさんの犯罪)の現状は、家庭内の問題が巨大化したものと言っても過言ではないと思います

家庭レベルの極小の社会が平和であれば、その家庭で育つ子供は、愛を知ります
愛を知る子供は、他者に危害を加えることはありません

そうした子供たちの愛を育むために、一番影響力を持っているのは…

ママ

だと思うのです

ママが1日笑顔だと、その家庭の子供は1日幸せです
ママが1週間笑顔だと、その家庭の子供は、もっとママを笑顔にさせたくなります
ママが1か月笑顔だと、その家庭の子供は、優しさを覚えます
ママが半年笑顔だと、その家庭の子供は、手に入れた優しさをお友だちに分けてあげます
毎日ママが笑顔だったら、その家庭の子供は、きっと誰かを助ける勇気を手に入れます


だけど…

今の時代…

ママは、家事や育児に加えて、仕事にまで追われ、気づかないうちに身も心もすり減らしています…

それでも…

ママが笑顔を忘れると、子供たちは不安になります

不安に駆られた子供たちは、頭で善悪の区別ができても、
不安という「怖い存在」から逃げたくて、我を忘れてしまいます

だから、ママの笑顔でホッとして、我に返るんです
それが続くと、安らぎます
それが日常だったら、子供たちは勇気が持てるんです

だから、僕は子供たちが笑顔で暮らせる「種」をまくことにしました

それが、

「ママをキレイにする!」


ということです

親子.jpg

実は僕は、小学中学時代に、1部の同級生からイジメにあっていました
相手はいつも同じ女子…

でも、イジメられる側に立って初めて分かる事ですが、イジメられている時は、
ほんのわずかな人数でも…

まるで自分の存在全てが否定されているような気持ち

にさせられるのです

そんな時、僕の支えになってくれたのは、近所に住む何十人もの小さな子供たちでした

「おにいちゃん!おにいちゃん!」


帰れば、そこはまるでネバーランド!(笑)

僕の学校生活を知らない小さな勇者たちが、次から次へと押し寄せてきます
そんな勇者たちから必要とされることは、僕の唯一の救いでした

それだけではありません

自分の母はもちろん、何十人もの勇者たちのママも我が子同然に気にかけてくれました

こうした繋がりがあったから、どんなに辛くても、どんなに死にたいと思ったときでも耐えてこられました

そして、大人になり、いろいろ学ぶうちに、ある事実に気づきます…

当時、イジメっ子だった彼女について、ふと気づいたことがあったのです…

その彼女は、ある時苗字が変わりました
恐らく両親が、離婚か再婚でもしたのでしょう

ちょうどその前後から、執拗なイジメが始りました…

そうです…
彼女の中にも、家庭の中でのモヤモヤがあったんです

だけど、それが何かを当時の彼女が知る由もありません
訳も分からぬ不安というのは、たとえ善悪の区別がつく大人でも、時にそれが他者に向かうときがあるほどです

それが子供であれば、なおさらです

でもママが、そして家庭内が明るければ、子供たちは安心して優しい気持ちで過ごせると思うのです

だから僕は、僕が出逢える全ての子供たちが、笑顔で暮らし、優しい勇気をもった1人の人間として生きる小さな社会を支えたいのです

子供 2.jpg

子供たちに何かをしてあげることは簡単です
でも、その子供たちと僕が過ごせる時間は、ごくわずかです
家庭で過ごす時間に比べれば、些細な時間です


だったら、その家庭を明るくするには、

ママの心と体を、キレイにすることが何よりも大切

だと思いました

美容師としての仕事はもちろん、心理学、ダイエット、食育を含めた健康、アクアリウムに猫ちゃんたち…

「美容師のクセに、コイツは一体何がしたいんだ?」

そう感じた方もいるかもしれません
ですが、僕にとって、どれも根っこは同じ…

ただただ、子供たちを笑顔で楽しませたい!

それだけの思いで、日々あれこれ企んでいるのです(笑)
ぶっちゃけた話、オシャレ女子とか、単にキレイになりたいというの人のためだけに仕事をしているわけではありません
そういう人はむしろ、天神やら都会の美容室に行けばいいくらいに思っています

正直なところ、僕が目指す先に明確なゴールはありません
世界中の子供たちが笑顔で暮らせる社会って、生きている間には無理かもしれません

だから、せめて僕が出逢ったご家庭の方々だけは、責任を持って楽しく暮らせる支えでありたいのです
そのご家庭で育った子供たちが、大人になり社会へ出て、家庭を持った時、またそれを繋いでほしいのです

そうして広がれば、生きてる間に世界は無理でも、街くらいはどげんかなると思うんです
あとは、出逢った子供たちに託します…(笑)

でも、その子供たちのそのまた子供たちが受け継いだら、街から市へ、そしてそのまた子供たちが、次は県に…

そうして、ゆっくり、ゆっくりと時間をかけて広がれば良かろうねぇと思うんです

だから、僕にできることは、種をまくことなんです

いや、種をまくどころか、種を作る段階かもしれません(笑)

断片的にしか見た事がなかった人には、こうした想いをお伝えしておきたかったので、今回お伝えすることにしました

コイツなんやねん!

そう感じていた方にも分かっていただけたでしょうか?

ただただ、子供たちを笑顔にしたいだけ!

ということで、今後もお付き合いのほどよろしくお願いします
posted by コウちゃん at 12:50| 福岡 ☔| Comment(0) | はじめての方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

それって「美容」師の仕事なの?

こんにちは!
ここ数日、ブログをご覧になったお客さんからよくこんなお言葉をいただきます。

美容師なのに、どこまでやっちゃうの?
そんなとこまで、ヤッてくれるの!?

と…確かに、一般的な「美容室」のイメージからしたら、「髪」のこと以外までいろいろしているというのはちょっと「美容師」としての「常識」からハズれているのかもしれません

ですが、僕としては、そんなにズレている感覚はなくて、いたって普通のことのように感じています。
と言うのも…

美・容・師

だからです。
???と思うかもしれませんね…(笑)
もう少しかみ砕いて言うと、

「容」姿を、「美」しくすることを仕事としている

からです。髪をキレイにするのであれば、それは「美髪師」だという、すごく子供じみた考えですが、僕にしてみたら、単純にそれだけのことなのです。

そして、世代を超えて、誰からも愛される人の共通点があることに気づいたので、それを発信しているだけのことなのです。

その共通点というのは、たったの3つです

・健康
・磨き
・ココロ

この3つのバランスが取れている人が、誰からも愛される人の共通点です。

健康なカラダがキレイな肌を作り、美しい髪を作ります
どんなにいい素質をもっていても、磨かれなければ光りません
どんなに体が丈夫で、磨かれていても、ココロが疲れていたら、気力がでません


明るく、元気で、磨かれた人は、誰からも愛されると思うのです。

ご縁を頂いた人が、誰からも愛される人であってほしい…

これは、そう願う田舎の美容室のオヤジの情報発信です。もちろん発信するからには、可能な限りのリサーチと、検証をしております。

逆に、こんなこと教えてほしいということがありましたら、是非いつでもご連絡ください。現時点で知っていることはすぐにお答えしますが、まだまだ不足な点は、あなたに代わって勉強し、必ずお返事いたします。

誰からも愛される人が増えるということは、みんなが愛し、愛されることになって、さいごには、明るく楽しい社会ができていくのかなぁ〜なんて青くさい事を考えています。
posted by コウちゃん at 16:08| 福岡 ☀| Comment(0) | はじめての方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

2016上半期CM女王ランキング2位の吉田羊、2015CM女王ランキング2位の山本美月…博多美人が輝く秘密を知れば、あなたも必ず輝きだす

7月に上半期のCM女王が発表されましたが、あなたはもうご存知ですか?
1位はなんと…!マツコ・デラックス…女王と呼んでいいものかということはさておき、2位には、有村架純、広瀬すずと並び、吉田羊、昨年末2位だった山本美月も、やや順位を落としたとはいえ、それでもトップ10圏内にいます。

yjimage (25).jpg

僕は、同い年の芸能人や、福岡に住んでいることもあって、地元出身の人が出ているのをみると何だか親近感がわくのと同時に、自分も頑張らなくちゃ!と力が湧いてきます。
あなたにもそういう時ありませんか?

…と、ここで、最近ちょっと違う視点で気づいたことが…

今シーズンのドラマ、あっという間に死んじゃったマリコ様に、HOPEでヒロインをしている山本美月ちゃん(“恋仲”にも出演してたから、それでCMが減ったかな?)二人とも福岡出身なんです。さらに、その合間のCMでは吉田羊さんや、吉瀬美智子さん

そう!みんな福岡出身なんです!(そんなこと知ってるよ!というツッコミも聞こえてきそうですが…“笑”)

彼女たちだけに限った話ではありませんが、芸能人に福岡出身が多いことは有名ですよね?そして、福岡といえば…

そう!ブログタイトルにもあるように…

日本3大美人の博多美人!

しかも…

2015年Jタウンネットの調査によると…

美人が多いと思う都道府県第1位!

town20150430bijin_ken01_.jpg

昔から、美人が多いということで有名ですが、実際ホントに多いです…
マリコ様にしても、山本美月ちゃんにしても、吉田羊さんにしても、福岡に住んでいると、「見た目だけ」で言えば、普通にどこの町でも見かけますし、お客様もみなさんこのような方たちばかりです。(県外の人からしたら、どんだけお客さんのレベルが高い店やと言われそうですが、福岡では、ごく普通のことです。)

そこで、今回は、そんな「博多美人の秘密」をあなたにご紹介します

yjimageFGAK0IW8.jpg
美月ちゃんみたいな子たちが普通に街をうろうろしています。


目次
・博多美人の4つの要因…ズバ抜けているにも理由がある
・そもそも「美人の定義」って何?
・あなたが持っている「ストーリー」

・博多美人の4つの要因…ズバ抜けているにも理由がある

さて、記事タイトルにもある吉田羊さんや、山本美月ちゃんに限った話ではありませんが、博多美人と呼ばれるほどに、福岡に美人が多いのには、理由があります。

博多美人の秘密その1:“身の丈を知る”博多美人

この手の話になると、よく言われるのが、「博多美人は美意識が高い」ということを上げている情報が多いですが、決してそんなことはありません。特別あなたと変わりません。むしろ、あなたよりもズボラかもしれません。

というよりも、特別美意識が高いと裏付けるだけのものが無いのです。
○○研究所の研究報告が…、月々の美容代が日本で…なんていう記事を見かけますが、ホントかよ!と思います。
というのも、総務省統計局が出している、都道府県庁所在市別の最新(2015年)の項目別支出金額によれば、月々の美容代は、東京や、横浜が多いのです。

むしろ、「ズボラ女子」が多いとさえ言えるかもしれないこんなデータも…
http://s.news.mynavi.jp/news/2013/02/23/014/index.html
2013年と少々前のものですが、これによると、デートや、合コン、仕事にスッピンでいく女性ランキングでは1位となっています。(割合が低い中での事なので、必ずしもそうした女性が多いということではありません)

ただし!

その理由は、現地に住んでいて、毎日博多美人しか見ていない僕からすると、かなり違います。
この記事では「博多美人」であるから自信を持っているなんて言われていますが、そうではありません。

「身の丈を知っている」からだと、僕は考えます。よく使われるこの言葉ですが、決して自分を過大評価せず、ありのままの自分を大事にするからこそなのです。

image (17).jpg

博多美人の秘密その2:博多美人の食べもの

美容と健康に欠かせないのが「食べ物」です。あなたの体はあなたが食べたものでできています。日常的な食べ物にその秘密が隠されているかもしれません。

博多名物といえば、水炊きやもつ鍋に、メンタイ、とんこつラーメンなどにみられるように低カロリーなメニューや、薄めの味付け、海の幸と山の幸のバランスなど、美容と健康にいい食文化があります。とんこつと聞くと、「こってりアブラギッシュ!」なイメージを持つかもしれませんが、ホンモノは、意外にあっさりしているんですよ。

yjimageBA2USCTV.jpgyjimageLYMULOA6.jpg

博多美人の秘密その3:意外に短い日照時間

美人に欠かせない要素として、「肌の白さ」があると思います。博多美人も肌が白いですが、これには、日照時間も関係しています。
東北などで、日照時間が短いということはよくいわれることですが、福岡も⁉と思うかもしれませんね…

南国のイメージが強くある福岡ですが、意外にも日照時間のランキングでは、32位と下位なのです。事実、冬の朝7時くらいは、まだまだ暗いんですよ。

yjimageDOP1013T.jpg

博多美人の秘密その4:博多美人の気質

ホンモノの博多美人は性格美人とも言われています。そのホンモノの特徴的な気質には、以下のものが挙げられます。

・しっかり者で、芯が強い
・気立てがよい
・恋愛に積極的
・機転が利く

亭主関白のイメージが強い九州男児ですが、それと同じくらい「いつまでも幼い少年」のような気質もあり、意外とナイーブな一面も持っています。時に支え、時には頼り、そして、時には叱れるくらいでないと、共に歩んでいくことができないことを肌で感じていたのかもしれません。


・そもそも、「美人の定義」って何?

そもそも、あなたは「美人になりたくて」この記事を読んでいるのではありませんか?
では、あなたにとって「美人とは何?」と聞かれたら答えることができますか?

日本顔学会という団体があるのですが、そこの設立者で、コミュニケーション工学者の原島博氏は、美人を“3秒美人”から、“30年美人”まで分類しています。これによると、美人がいかに、性格や、価値観、ふるまいなどの気質が大切なのかを語っています。

原島博による美人の定義http://harashima-lab.jp/twitter/2013/11/09/2013-11-03-11-09/

これによると…
3秒美人:街を歩いて思わず振り向かせる女性で顔よりも全体的な外見に左右される
3分美人:受付嬢に見られる、営業スマイルな美人
30分美人:自然な表情にも魅力を感じる美人
3日美人:価値観に魅力を感じるようになる美人。
3年美人:2つ以上の魅力で、飽きを感じさせない魅力をもった美人
30年美人:人生を共にできると共感できる美人

そして、僕はこれに加えるとするなら最後にもう1つ…

一生美人:笑顔を絶やさない、人を照らし続け、人が集まる最強美人

3216e0f6.jpg

あなたが目指す“美人”が3秒や、3分程度であるならば、何も、このブログを読んでいただく必要はありません。そうなるための事は、雑誌や、テレビ、あるいは職場の研修で身につくことができるからです。
このブログのメインタイトルを思い出して下さい…

博多美人が日本で1番キレイな秘密!ズボラ女子でも愛され美人になる方法

そして、その博多美人は…

日本で1番美人が多い都道府県ランキング1位

なのです。そして、先ほどのホンモノの博多美人の気質と照らし合わせてください。
そうです。魅力が4つも5つもあるのです!つまり、ベースとして、3年美人からスタートしているのです。
どうせ、美人を目指すのなら、息が長く、30年と言わず、一生美人でいたいと思いませんか?


・あなたが持っている「ストーリー」

とは言え、博多美人と他の国内美人との間に大きな差があるというわけでもありません。
きっとそこには、「福岡・博多」という「レッテル」から「想像」する「イメージ美人」的な要素もあるのではないかと思うのです。
古くは、平安時代から、外交の主要都市としての歴史から、海外の血が組み込まれていることもあるでしょう。また、「中州」に見られるような、妖艶なイメージもあるかもしれません。冒頭にあるように、「福岡出身女優」が芸能界で多い事もあるでしょう。

そうした、「イメージ」がさらに「博多美人」に磨きをかけているのかもしれません。
そこには、イメージを作る「ストーリー」があるのです。

あなたにも、あなたにしかない「ストーリー」があるはずです。もしあなたが辛い人生しか歩んでいないというのであれば、「耐え忍び、人の痛みが分かる」としたらどうでしょう?
あなたが、平凡な人生しか歩んできていないというのでしたら、「目立つような個性よりも、誠実で、愛情をたくさんもらった生き方をしてきた」としたらどうでしょう?
自分に自信がないとしたら、「慢心することを知らない、謙虚さを持っている」とすればいいのです。

ほら!それだけで、まるで別人のような魅力に感じませんか?

あなたには、あなたにしかないストーリーがあるのです。だけど、あなたはそのストーリーをまだちゃんと読んでいないだけ…いや、読み方を知らないだけなのです。

山本美月にしても、吉田羊にしても、イメージという名の“ストーリー”をちゃんと作っているからあんなに輝いているのです

このブログでは、読み方を知らない「あなただけのストーリー」を美容と健康、あなたの価値の高め方という3つの大きなカテゴリを通して、あなたを「輝く愛され美人」へと導きます。

無題 (3).png
posted by コウちゃん at 13:03| 福岡 ☀| Comment(0) | はじめての方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする