2017年08月10日

エイジングハッピーは誰でも迎えられる!

年を重ねて、外見のコンプレックスを感じたり、将来への不安が妙に増してきたり…

そういう心当たりってないですか?

誰もが、年を感じることはあるだろうけど、それが過剰になってしまった状態の事を

エイジングコンプレックス

なんて今は言うらしい

で、僕はこのコンプレックス状態になった人には2つのタイプがいると思う

・「若作り」と「身ぎれい(身だしなみ)」を区別できないで「若作り」するタイプ
・年齢を理由に何もかもを諦めて、何もしないでいるタイプ

で、この2つのタイプの人に共通している点もある

ほっとくと、ドリームキラー化する

ということ

「若作り」と「身ぎれい」の違いは何かというのは、人それぞれ違うモノだろうと思うけど、本質的な「心構え」みたいなものが違うと思う

若作り=他人からの自分の評価を得たいためのエイジングケア
身ぎれい=人との繋がりを大事にしたい思いを見た目で表現すること

ようは、自己中なのか、人を想うのかという違いだということ

そして、コンプレックス化している人は、若作りをしていることにすら気づかないことが多いから、自分にとって都合のよい評価をしてくれる人としか付き合わない

むしろ、都合のよい評価をしてくれない人に対しては攻撃性を増してしまうことが多い

反対に、諦めモードのコンプレックス化をしている人も本質的には似ている
自分と近い世代で、エネルギッシュな人や、キレイな人に対して妬んだり、年齢を考えなさいよなんて言ってしまったりもする人だ

エイジングコンプレックスに限った話じゃないけど、何かしらのコンプレックスを抱えているというのは、幸せから一番遠ざかっていることだと思う

幸せから遠ざかってしまえば、

キレイになりたくてもなれない

と思う

だって、幸せを感じられない人がステキな笑顔なんてできるはずもないのだから

それはコンプレックスがない人だから言えるのよ

と思うかもしれないけれど、僕自身も子供の頃はコンプレックスがあった

会ったことがある人なら分かるけど、僕の頭には黒い日の丸のような大きなアザがある

坊主にしたら、そのあざがハッキリと分かるし、額の生え際ギリギリまであるから、髪を上げていれば、タトゥーに失敗したのかと聞かれることもしばしばあった

小学生くらいだと、イジリがイジメにも近い状態で、もの凄く悩んだ時期があったりもしたのだけど、高校に上がる頃には、そんなコンプレックスも克服していた

克服できたのにはある理由がある

中学の英語の先生にこのアザのことを英語で何というか知っているかと聞かれた時のことだ

Bone Mark(ボーンマーク)

ということだったのだけど、その先生はアザとして訳してくれたのではなく、

“「君が生まれた証」という意味だよ。アザと思えばそれは悩みの種だろうけど、君が生まれた証は君にしかない。先生も持っていない。少なくともこの学校で「生まれた証」を持っているのは君だけだ。”

と言ってくれたんだよね

そして、この先生の面白いのは、当時の社会からオマージュして、僕に新たなニックネームをつけてくれた

ブロッサム・ゴルビー

そう、90年代のソ連時代の大統領のゴルバチョフの愛称だ(もはや日本人ですらないけど、ブロッサムというのは、中学校の名前に「桜」が入っていたから(笑)
まがりなりにも、当時の1国のリーダーなのだから、臆することなく、自信を持てばいいという先生なりのエールらしい

ようは、エイジングコンプレックスもこれと同じなんじゃないかな

自信を取り戻すこと

これが、エイジングコンプレックスからのドリームキラー化を防ぐには欠かせないことだということ

年齢を重ねれば、当然「若さ」は失うモノだけど、「若さ」は絶対的な魅力ではないと思う

冒頭の「身ぎれいにする」ということにしてもそう

若作りというのは、基本的には「自分の欲のため」が前面に出てしまった結果なのだけど、身ぎれいというのは、自分自身を大事に労われることを見た目に表現していると思えばいい

自分を大事にできない人が、人を大事にできるはずもないし、
人を大事にできない人が、自分を大事にすることもできない

僕はそう思うんだよね
どんなに自分を大事に労わっていても、病気になる時はなるものだけど、それでもなってしまったのなら、自然と助けてくれる人も増えてくると思う

だけど、自分を大事にしていない人が、病気になり、仕事に穴をあけようものなら、フォローのしようがないものでしょ?

そう考えると、

身ぎれいにする

という意識は、自信を取り戻す1つの手段として手軽にできることだと思う

20代の時と、40代の時と、60代の時では、体自体が違うのだから、年を重ねるごとに、丁寧に、そして自分に優しく手をかけるということは必要なんじゃないかな

そういう想いもあって、僕は美容室にありがちな自作のスタイル発表なんかは一切していない

それよりも、少しでも何か自信がもてるようになることを発信したほうがよっぽどたくさんの人をキレイにできると思っているからね

今月はフェイスブックを中心に「毛活」について発信しているけれど、これもその1つとしてとらえてほしいと思っている

それに、これは全くの個人的な「もくろみ」なのだけど(笑)、毛活をして、より良い髪を育てたところで、ヘアドネーションをしていただければ、より質の高いウィッグが子供達の手に渡るのではないかと勝手に企んでいるんだよね

HPや、ブックマークから読んでいる人は何の話か分からないかもしれないけど、気になる人はフェイスブックページも時々チェックしてみてください

https://www.facebook.com/272942526240948/photos/a.290333541168513.1073741828.272942526240948/741152766086586/?type=3&theater

posted by コウちゃん at 12:45| 福岡 ☁| Comment(0) | ・愛され美人の自分の見つけ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

ダイエット成功のメンタル術5つの特徴と2つの技法と価値観

こんにちは!
先日から、原因から考えるとダイエットは失敗するということをお伝えしています。
まだの人は、こちらをご覧ください
http://hisui-biraku.seesaa.net/category/25993334-1.html

その中で、『目的から考えることが成功の近道』ということをお伝えしていますが、これは、ほんの1例にすぎません。
というのも、ダイエット成功のメンタル術には、大きく5つの特徴があるからです

・『人生は自分が主人公』という自己決定性
・『あなたの行動には目的がある』という目的論
・『あなたは、心も体も結びついた、たった一つの存在』という全体論
・『誰もが、自分だけのメガネを通してモノを見ている』という認知論
・『すべての行動には相手がいる』という対人理論


この5つの特徴が、あなたのダイエットを成功へと導いてくれます。
そして、この5つの特徴は、それぞれが、独立しているようで、すごく密接につながっています。

さらに!

この5つの特徴は、ダイエットだけにとどまりません!
他にも、仕事においての人材育成、子育て、人間関係にも大きく役にたってくれます。

そして、この5つの特徴とならんで、とても大事なのが、あと2つあります

・勇気づけ(技法)
・共同体感覚(価値観)

『勇気づけ』
・困難を克服する活力を、自分や他人に対して与えること
・『褒める』ことでも、『激励』することでもない
・元気な人をより元気にするだけでなく、元気がない人や、うつ状態の人に活力を与えることもできる

『共同体感覚』
・あなたの家族や、地域、職場などの中での、所属感、共感、信頼感、貢献感を総称したもの
・共同体感覚は、精神的な健康のバロメーターでもある
・居場所がる、信頼できる、役に立てると思える場所で生きている感覚

『5つの特徴』をもって、『勇気づけ』を行い、『共同体感覚』を高めるということなのですが、実はこのメンタル術…

ダイエット以外にもあてはまる

ということです。よく、ダイエットを成功した人の中に、ダイエットに成功したから人生がうまくいったなんていう人がいますが、それは、ダイエットに成功した(原因)から、人生がうまくいった(結果)ということではなくて…

人生を変えたい(目的)

という具体的な目標があって、そのためにダイエットをした(行動)という中で、成長をしたということなのです。

この5つの特徴については、少しづつお話ししていきますね
posted by コウちゃん at 16:35| 福岡 ☀| Comment(0) | ・愛され美人の自分の見つけ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中室牧子に学ぶ!ダイエットに失敗しないメンタル術!

こんにちは!
毎週、日曜になると、「林先生の初耳学」という番組を見るのですが、あなたは見た事がありますか?
初耳.jpeg

先日、このブログでも原因から考えるか、目的から考えるかという話をしましたが、実は昨日の番組でも似たような話がありました。
先日の投稿はこちらから↓
http://hisui-biraku.seesaa.net/article/442095823.html

番組中に、『学力の経済学』という本で有名な、『中室牧子』さんが、教育に関して、話していた事でしたが、教育に限っていえることではなくて、いろんな事で、当てはまる事です

それは…

因果関係に躍らされない

と言う事です。番組で言われていた事は、東大に合格させた親の本にありがちな例をだしていたので、そのままいうと、

読書をしたから(原因)学力があがった(結果)

という例がよくとりあげられますよね?ですが、東大に合格した人達が、読書をしたから学力が上がったのではなくて、東大に合格するような学力をもっていた人達が『たまたま』読書をしていたということなのです。
そのこと自体には、何の因果関係もないのですよということでした。

だから、そのまま育児にあてはめたからといって、必ずしも成功するということではないので、そこのところをよ〜っく考えて!というものでした。

これは、ダイエットでも同じことが言えます。

スイーツを食べた(原因)から、ダイエットに失敗した(結果)

という人がいます。これは、甘いものを食べたことで、ダイエットに失敗したと思い込んでしまうからなのですが、こういう人のメンタルというのは、

目的がダイエットではなく、甘いものを食べないという目標

にすり替わってしまっているから、失敗してしまうのです。

ダイエットって、健康のためにも必要ですよね?

ということは、ダイエットって、実は一生モノだと思うのです。

甘いモノを死ぬまで食べない

なんて、ムリだと思うのです。僕も、スイーツや、お菓子は大好きですし、それがなくなるのは、耐えられません…(笑)

だから、長い人生、一日の中で、たった1回スイーツを食べたところで、ダイエットが失敗するわけじゃないのです。
その分、他の事をして、カロリーを消費したり、スイーツの種類を変えてみたりすればいいだけの話なのです。

そもそも、ダイエットをシンプルに考えた時に、成功するダイエットというのは、

取り込むカロリー < 使うカロリー

となっていれば、太ることはないわけです。これが逆になるから太るということさえ分かっていたら、たった1日、1回の高カロリースイーツを食べたところで、どうってことないのです。

その分、他の日、他の時間で取り返せばいいだけのことなのですから
いつも失敗ばかりしてしまうという人は、一度、この原因から考えるクセを改善してみるといいですよ
posted by コウちゃん at 13:22| 福岡 ☀| Comment(0) | ・愛され美人の自分の見つけ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

失敗続きのダイエットを成功させるメンタル術

こんにちは!
今日からお彼岸ですが、お彼岸といえば、おはぎ!
スウィーツ大好きな人間にはたまらない季節ですね(笑)

そんな“おはぎ”も、実は、秋に咲く“萩”からきているので、秋のお彼岸が“おはぎ”春に咲く“牡丹”からくるため、春のお彼岸は“ぼたもち”というそうです。
おはぎ.jpg

ですが、“食欲の秋”とはいえ、ダイエットをしている人にとっては、これからの秋冬は誘惑の季節…

これまでにも、ダイエットに挑戦したものの、“食べ物の誘惑”に負けて失敗してきたなんていうことがあなたにもありませんでしたか?

そんな失敗の時に多くの人が陥りやすいメンタル思考とは…

あの時に、あんな美味しいそうなものが無ければ失敗しなかったのよ…
だから、今度は美味しそうな誘惑のあるところに行かないようにしなきゃ…

と、“失敗した原因”にフォーカスしてしまい、今度こそは”同じ失敗をしない”という“結果”を求めてしまいます。

実は、これこそがあなたが何度もダイエットに失敗してしまう原因なのです。

???

と思ったあなた!そもそも、あなたは“何のためにダイエット”をするのですか?
“失敗しないため”にダイエットをするのではないですよね?

見た目をよくするため

にダイエットをしているはずです。
“失敗しないため”に“失敗しやすい原因”を取り除くことが目的ではないということです。

失敗続きのダイエットをしてしまう人というのは、原因(=過去)にフォーカスしてしまうので、“本来の目的”というのを忘れてしまうのです。
これを、僕は“目的のすり替え”と呼んでいます。こうしたことは、何もダイエットに限ったことではありません。

過去を振り返るということ自体は、悪いことではありませんが、そこで、目的がすり替わってしまうと、本来の目的を見失ってしまうということなのです。

つまり、あなたが“スタイルをよくしたいから”という目的で始めたダイエットなのに、“前回と同じ間違いをしないこと”にすり替わっているのです。

こうなると、そもそものゴール(=成功)が、“スタイルがよくなること”というところから、“前回と同じ過ちをしないこと”へと変わっているので、何か別のことが起こった時に、また失敗してしまうというわけです。

この、原因から考える人になるか、目的から考える人になるかの違いがあなたの失敗続きのダイエットを成功させるためのメンタル術になります。

その違いについては、また後日お伝えしますね♪
posted by コウちゃん at 15:22| 福岡 ☀| Comment(0) | ・愛され美人の自分の見つけ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

女はつらいよ⁉

こんにちは!今日は、ふうてんの寅さんでおなじみの、「男はつらいよ」の日だそうです。
51Dffe98eBL.jpg

“男は”だなんてとんでもない!
女だってつらいのよ!

なんて声も聞こえてきそうなほどに、今は女性のつらさが伝わるニュースが多いですよね。
昨日発売された女性セブンでは、日本は女性にとっては、発展途上国なんて記事が書かれるほど…

なのですが!

ありきたりな表現ですが、「辛い」という字も、
たった1本付け足すだけで、「幸せ」になるのです。

先日、感情をコントロールするという事をお伝えしましたが、それができれば、男も、女も、子供も、関係なく「辛い」今を抜け出して、「幸せ」になることができるのです。

今回は、そのコントロールする感情についてざっくりとお伝えします。
感情には、3つの役割があります。

・体、思考、行動と密接につなげるはたらき
・理性的ではない役割
・行動をする燃料

たとえば、「男が稼ぐべきだ」と考えている人にとっては、それが出来ない時に、イライラしたり、落ち込んだり、するという感情がわいてくるのは、思考と感情が繋がっているといえます。

また、楽しいことならば、疲労感もなくいつまでもできますが、やりたくもない事をやらされている時というのは、イライラしたり、このうえない疲労感を感じたりするものですよね。

とはいえ、それが分かったところで…ということですが、それは、このカテゴリで少しずつお伝えしていきますね
posted by コウちゃん at 11:47| 福岡 ☀| Comment(0) | ・愛され美人の自分の見つけ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする